2018年02月27日

[さいあいの風]

○前置き
 
歌詞の解釈。
聴いた人、十人十色で解釈があるだろうと思って基本ライブなど配信のMCなどでは言わないようにしてるのですが、
やよの思想に興味を持って頂いてる方もいると思うので、少しずつ暇な時間に気が向いた時に載せて行こうかなと思います四つ葉
 
いつも、誰にでも共感してもらえるような歌詞になるまで言葉を選んで作詞しているので、あくまで元ネタなんだなーって感覚で見てみてください(><)
 
 
ではいこう( *・ω・)ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
○さいあいの風
 
この曲は、私のソロ時代を知ってる人が聞けば「あれ?」ってなる曲。笑
 
シングルの2曲の歌詞をちょっとずつつまんで作った曲です。
 
Restraint Loveは、ずっとそばにいる人に恋心を正直に言えない女の子の話として作った曲で、離れ離れになってもどこかお互い深く思ってるような、そんな歌詞。
Smileは、仲良くしてくれてる友達がいつも心の支えだなぁと思って書いた曲。
 
Restraint Loveが私の中でとても悲しい物語だったので、なにか光を当てたいなぁと思って作ったのが「さいあいの風」です。
 
きっと大切でずっとそばにいてほしい人がいたら、こんな気持ちになるだろうなぁと思い描いて作った曲です。
 
好きで好きで仕方がない恋もあるけれど、永遠に続く恋というか、愛ってものはそんなものじゃなくて、もっと軽やかで暖かいものなんだろうなぁって。
 
 
出来上がった今はやよまいを聴いてくれてるみんなにも当てはまるなぁと思いながら歌ってます四つ葉
posted by やよ at 11:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。